きちんと把握しておこう!AGAの詳しい仕組み

MENU

CLOSE

きちんと把握しておこう!AGAの詳しい仕組み

AGAの仕組みの鍵を握るのは男性ホルモン

5ae9ef6d4c8b8e8fdf5469af64198098_s

一つの化学現象

男性型脱毛症と呼ばれるAGAは一つの化学的な現象です。これをしっかりと把握しておけばAGA治療で何が行われるのか、今現在何をしようとしているのかが分かります。自分の体の事なので把握しておきましょう。

始まりはテストステロン

男性ホルモンの代表格としてテストステロンが存在します。このテストステロンは生殖機能や筋力といった男性らしさを維持する他、集中力や判断力、やる気といった精神面も支えてくれる作用をもたらします。

ですが過剰分泌してしまうと、にきびや血圧の上昇、攻撃性の増進といった症状が出てしまいますし、少ないと精力の減退や鬱屈した気分を招いてしまうのです。バランスの良い分泌状態が維持できればテストステロンは体にとって有用に働いてくれます。

遺伝される5αリダクターゼの生産量

テストステロンは5αリダクターゼ還元酵素と反応するとジヒドロテストステロンというホルモンに変換されます。5αリダクターゼというのは一種の酵素で、その作られやすさというのは遺伝によって決定しているのです。この5αリダクターゼはAGA治療の根幹となる物質で、非常に重要な位置を占めています。なぜなら5αリダクターゼによって作られるジヒドロテストステロンこそが薄毛の原因となるからです。

ジヒドロテストステロンの作用

テストステロンは体に備わっている受容体と反応することで様々な作用をもたらしますが、その受容性能は良いものではありません。それに対し、ジヒドロテストステロンの反応は強く、テストステロンの10倍以上の強さで受容体へ働きます。

受容されたジヒドロテストステロンはTGF-βという増殖抑制因子を生み出してしまうのです。TGF-βは毛の根元にある細胞(毛乳頭)へ細胞分裂をしないよう作用します。こうして頭髪はどんどんと薄くなっていくのです。

頭髪の成長の仕組み

頭髪は下から毛乳頭、毛母細胞、本体、というような構造をもっています。頭髪本体が成長する仕組みは、毛乳頭から毛母細胞へ「細胞分裂せよ」という指令を送り、毛母細胞が分裂することで成長していくのです。私達が見ている髪の毛というのは毛母細胞が細胞分裂した姿と言えます。

AGA治療の考え方は逆から見ていけば分かる

d074c86c06d20749de35a17ee75f0960_s

細胞分裂から考えよう

髪の毛は毛母細胞の細胞分裂の結果です。そして細胞分裂は毛乳頭から毛母細胞へ指令が出ることで起こります。しかしAGAによる薄毛の場合、この細胞分裂を抑制してしまうのがTGF-βという因子で、TGF-βを生み出すのがジヒドロテストステロンなのです。

さらにジヒドロテストステロンは5αリダクターゼという還元酵素とテストステロンが結びついて生産されるものとなります。この流れの中で何が薄毛の原因になっているかというと、それは5αリダクターゼです。5αリダクターゼの生産量さえ抑制できればジヒドロテストステロンは生まれません。

クリニックにおけるAGA治療

クリニックでは5αリダクターゼの生産量を抑える薬を処方しています。AGAの仕組み上、妥当な処方であると言えるでしょう。5αリダクターゼさえ抑えればジヒドロテストステロンの生産は抑制され、TGF-βも少なくなり、髪の増殖を抑える指令の数も減るはずです。つまり、髪の育毛状態の正常化に効果があると言えます。

副作用としては性欲減退や静止減少といったものがあるため注意が必要です。また、費用は長期間になるにつれ高額なものとなるため人により異なりますが、長年の悩みを科学的な観点から処置できるため検査だけでも受ける価値はあるでしょう。上手くいけば数ヶ月の投薬だけで薄毛が治るかもしれません。

5ae9ef6d4c8b8e8fdf5469af64198098_s

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧